パプア州で邦人6人国外退去に

(インドネシア)日本人ジャーナリストら6人が許可を受けずにワメナ(Wamena)タウンで部族民の取材を行ったとして国外退去処分とされた。インドネシア・パプア州の入管当局は5月11日発表した。
 日本のナガノ・プロダクション・ハウスから派遣されたという6人は5月初め、インドネシアに入国していた。取材ビザを持っていなかったことから逮捕され、11日に退去処分となった。
 今年3月にも、フランス人2人が、同じくパプア州でドキュメンタリー撮影中に逮捕され、国外退去処分を受けたばかり。
(5月12日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中