「サイバー攻撃の被害は出ていない」

(マレーシア) 米マイクロソフト(MS)の「ウィンドウズOS」を狙った大規模なサイバー攻撃が5月12日に発生、被害は欧州を中心に世界約100カ国・地域に広がっている。しかし、マレーシア国内では被害は出ていないようだ。
 5月13日、マレーシア情報通信・マルチメディア委員会(MCMC)は「13日午前10時の時点で、被害報告はない」と発表した。  
 被害は「ランサム(身代金)ウェア」というウイルスによるもの。電子メールの添付ファイルを開くなどしてパソコンがウィルスに感染するとパソコン内のデータがロックされ、解除するカギと引き換えに現金を要求される。
(5月13日スター)

◆<2017年の経済成長率>
4.8%と予測;ナジブ首相

◎今年の成長

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中