日本とマレーシア、二国間通貨スワップで基本合意

(マレーシア) 日本国財務省とマレーシア中央銀行バンクネガラ(BNM)は5月5日、発動上限額が30億米ドルの二国間通貨スワップ取極(BSA)を締結する基本合意に達し、同時にタイ中央銀行との間でも二国間通貨スワップ取極を締結した事を発表した。
 日本とマレーシアの当局は、国内の承認手続きを完了に必要な行動をとる。この同BSAは双方向の交換を特徴としており、日本とマレーシアは、要請があった際に通貨スワップを通じて米ドルを供給しあう。
 日本財務省は、日本とマレーシアの当局はこうした金融協力の強化が金融市場の安定に貢献し、ひいては両国間の経済・貿易関係を一層発展させることを期待すると述べている。
(5月9日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中