乱気流に巻き込まれ27人けが

(タイ)乗客313人を乗せてロシアからタイに向かっていたロシアのアエロフロート航空旅客機が5月1日、バンコクのスワンナプーム国際空港に着陸する約40分前に乱気流に遭遇し、機体が激しく揺れ、乗客合わせて27人が腕の骨を折るなどのけがをした。
 乱気流に巻き込まれたのは、アエロフロート航空・SU270便(ボーイング777型機)だ。午前0時すぎ突然乱気流に巻き込まれて機体が激しく揺れ、天井に打ち付けられた乗客ら27人が骨折などのけがをした。
 バンコクの日本大使館によると、けが人に日本人は含まれていないという。
 在バンコク・ロシア大使館によると、ロシア人24人とタイ人3人が負傷し、うちロシア人15人とタイ人2人が現在も病院で治療を受けている。
(5月2日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中