政府の運営「GST税収無しでは困難」

(マレーシア/経済) 4月26日、KL市内のプトラ・ワールドトレードセンター(PWTC)で与党・統一マレー国民組織(Umno)最高評議会が会議を開いた。
 Umno総裁として議長を務めたナジブ首相が会議後の記者会見で、GST(物品・サービス税)税収は政府が適切に機能するのに不可欠だと述べ、GSTの重要性を改めて強調した。

一年で500億リンギ

 「GSTによる税収は一年で500億リンギに達する。政府予算規模は約2100億リンギだ。この歳入が無くなれば様々な国民向け政府サービスを提供できなくなるし、公務員の年金給付にも問題が起きるだろう」。
 ナジブ首相はこのように説明し、野党などからのGST撤廃を求める声に反論した。
(4月27日 The Star)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中