2020年開業、KLにライブホール「Zepp」

(マレーシア) 大手音楽会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都)は4月28日、グループ会社であるZeppホールネットワークとともに、 舞台機構、照明・音響設備など仕様をグローバルで統一したライブホール「Zepp」をアジア各都市にて展開し、アジア広域にライブホールネットワークを構築していくと発表した。シンガポール、台湾、マレーシアと立て続けに「Zepp」をオープンさせていく計画。

クールジャパン機構が支援

 「ライブホール開設・運営資金として、クールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構)より出資を受けることが決定した。今後、アジア各都市にライブホール「Zepp」を展開することにより、日本の音楽産業の海外市場を開拓するとともに、国内外アーティストの海外公演における収益機会の創出、ライブ活動を通じた各都市とのコミュニケーションや文化交流を目指し、インフラ環境を整備していく予定だ」(同社)。

「Zepp」KLの詳細

 クアラルンプール市内中心部に位置する市内最大級の繁華街ブキビンタン シティセンター近辺の再開発地区では、オフィス、居住棟、ホテル、ショッピングモール、飲食店、小売店舗などを含む複合施設の建設を計画中だ。そのエンタテインメント施設エリアが「Zepp」の設置予定エリアだ。
■「Zepp」KL
ホール名:Zepp Kuala Lumpur
所在地:No.2,Jalan Hang Tuah,55100 Kuala Lumpur, Malaysia
ホール面積:約6800平方メートル
収容人員:約2500名(スタンディング時)
開業予定:2020年年末(予定)

シンガポールと台湾

 シンガポールでは、Zeppホールネットワークとシンガポールの現地法人Big Box Investment Pte.Ltd. が合弁会社「Zepp @ Big Box Pte.Ltd.」を設立、ジュロン・イースト地区にある複合商業施設「BIG BOX」3階展示場のMEGA BOX Event Hall Aを新装し、ライブホール「Zepp@BIGBOX Singapore」を共同運営する予定だ。
 「Zepp@BIGBOX Singapore」の収容人員は最大2333名で、2017年6月4日にグランドオープンの予定だ。
 台湾では、台北市のベッドタウン、新北市( New Taipei City)新荘副都心エリアにおいて、建設計画中の若者向けショッピングセンター(名称未定)内の8~11F(4フロア吹抜)に「Zepp New Taipei」を設置予定。収容人員は約2200名(スタンディング時)で2020年4月の開業予定だ。

国内に4都市6カ所

 現在Zeppホールネットワークは、国内に4都市6カ所(札幌・東京・ダイバーシティ東京・名古屋・なんば大阪・大阪ベイサイド)にライブホール「Zepp」を展開し、2018年には福岡、2020年には横浜にもオープン予定である。
(4月28日ソニー・ミュージックエンタテインメント)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中