マグリブ時の営業休止、非回教徒は適用外

(マレーシア)ケランタン州政府は先頃、日没の礼拝(マグリブ)時間(10分間)における商業の活動休止を非ムスリムにも適用すると発表していた。しかし27日にこれを改め、非回教徒は適用外と発表した。
 「非ムスリムにも適用する」との発表は非ムスリムの華人やインド系市民の間で波紋が広がり、与党・マレーシア華人協会(MCA)などは、ナイトマーケットの業者の商いに影響が出るとして反対していた。
 州政府地方自治体・住宅・青年スポーツ委員会のアブドル・ファタ・マハムド委員長は27日、「ナイトマーケットの非ムスリム業者と顧客はマグリブ時も、続けて営業し、利用してかまわない。マグリブ時の営業休止条例は、イスラム教徒に礼拝の時間を提供することが目的だ。条例で休止させねば、礼拝を忘れてしまう場合がある」と説明した。
(4月27日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中