4月26日から完全キャッシュレス化

(マレーシア)マレーシア最大の高速道路会社PLUSは4月26日、運営する全ての高速料金所(94カ所)を同日から完全キャッシュレス化したと発表した。
 現金による支払いは廃止し、電子料金収受システム(ETC)のみで支払いを受け付ける。
 料金支払いには、高速道路運営のPLUSマレーシアが発行するポイント付きプリペイドカード「PLUSマイルズ」(PLUSMiles)、プリペイドカード「タッチ&ゴー」(Touch ‘n Go)、電子料金収受システム(ETC)端末「スマートTAG」( SmartTAG)いずれかを利用しなければならない。PLUSは2008年から段階的にETCを導入している。
(4月26日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中