麻薬密輸団の大物、「Mr T」を逮捕

(マレーシア)タイ警察は3月30日夕、タイとマレーシアの国境にあるサダオ国境検問所で「アイス」と呼ばれる覚せい剤合計282キログラムを所持し車で国境を越えようと企てたマレーシア人2人を逮捕。さらに、そのボスとみられるマレーシア人の男を4月21日、南部ハジャイの空港で逮捕した。
 発表によると、「Mr T」(58)と呼ばれているジョホール出身のこの男の存在は、先に逮捕されたマレーシア人2人の供述から浮上し、警察が行方を追っていた。「Mr T」はチェンライからハジャイに到着したところを逮捕された。

4月20日に妻らをチェンライで逮捕

 警察は「Mr T」のタイ人妻、および仲間(手下)とみられるタイ人の男、台湾人の男を、「Mr T」逮捕前日の20日にチェンライで逮捕し、現金(各国紙幣)3000万バーツ(380万リンギ/約9500万円)と2000万バーツ(250万リンギ)相当の物品多数を押収している。
 警察は同じシンジケートから先月2000万バーツ相当の金品を押収しており、これで、押収額は7000万バーツ(890万リンギ)となった。

2人の逮捕が発端に

 タイ警察は先月30日、タイとマレーシアの国境にあるサダオ国境検問所にて、大量の覚せい剤を所持し、車で国境を越えようと企てたマレーシア人2人(37歳と59歳の男)を逮捕した。
 2人はタイ登録の日産・セフィーロと、マレーシア登録のプロトン車それぞれに、「アイス」を合計で282キログラムを載せて越境を試み、逮捕された。2人の供述から、シンジケートは組織が瓦解するまでに最低4~5回、「アイス」をマレーシアに密輸することに成功したことがわかっている。毎回平均して100キログラムの麻薬を密輸したとのことだ。
(4月21日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中