王宮で新国王の即位式;4月24日

(マレーシア)4月24日、新国王の即位式がクアラルンプール市内の王宮で午前10時から執り行われた。昨年12月13日に国王に即位した第15代国王・ムハンマド5世(47)が、マレー伝統の宝剣であるクリスやイスラム教の聖典コーランに口づけし、イスラム教の保護と国家の平和の維持を誓った。各州スルタンをはじめ、正副首相と閣僚、国会議員、各区国大使など内外の賓客約800人が参列した。
 式では、ナジブ首相が政府、軍、国民を代表して「第15代国王即位の宣言」「慶祝のことば」を述べた。式の模様はマレーシア全国にテレビ中継された。同日は、祝日となった。
 マレーシアでは国王は全13州のうち、スルタン(王)制がある半島マレーシアに位置する9州のスルタンの輪番制をとっており、任期は5年だ。ムハンマド5世新国王はケランタン州のスルタンだ。
(4月25日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中