また、ジカ熱感染者確認

(シンガポール)シンガポールでまた、ジカ熱 (ジカウイスル感染症) 感染者が2人見つかった。シンガポール国家環境庁(NEA) が4月20日に発表した。2人とも国内感染で、MRTコバン駅(ホウガン駅の隣り)近くのグラスゴー・ロードエリアの住人だ。
  
初の感染確認は3月29日

 シンガポール国家環境庁(NEA) は3月29日、ホウガン地区サイモンプレイス(Simon Place)で、ジカ熱感染者が2人見つかったと発表した。2人は同じ家に住んでいるシンガポール人。28日に陽性判定が出た。今年に入ってからはこの2人が初のジカ熱感染者。シンガポールでは、2016年8月26日にジカ熱国内感染例が初めて確認された

4月6日と11日にも感染確認と発表

 4月6日木曜日、フラワーロードとヘンドリークローズでジカウィルス感染が1件ずつ確認されたと、国家環境庁(NEA)が発表した。どちらも、3月29日にシンガポールで今年最初のジカ熱感染者が確認された、サイモンプレイスの近くに住む住人。 さらに4月11日になって、ポーホアット・テラス(Poh Huat Terrace)とテラス・レーン(Terrasse Lane)に住む住民2人がジカ熱感染と確認されたことが発表された。同2カ所もサイモンプレイスに近い。
(4月20日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中