セランゴール州王女にフランスの最高勲章

(マレーシア)フランス政府は、このほど、セランゴール州王室のザタシア王女にフランスの最高勲章、レジオン・ドヌール勲章を授与した。4月18日、KL市内の高級ホテル「レジデンス・オブ・フランス」で授与式が催され、クリストファー・ペノー駐マレーシア大使が、『シュヴァリエ』(Chevalier, 騎士、勲爵士)を授与した。
 レジオンドヌールには等級があり、高位から『グランクロワ』(Grand-Croix, 大十字)、『グラントフィシエ』(Grand-Officier, 大将校)、『コマンドゥール』(Commandeur, 司令官)、『オフィシエ』(Officier, 将校)、『シュヴァリエ』(Chevalier, 騎士、勲爵士)の5階級に分かれる。

授章理由は

 ザタシャ王女は2009年からアリアンス・フランセーズKLの副理事長をつとめ、5年前に理事長となって現在に至る。
 1883年に創立されたリアンス・フランセーズは、フランス政府に公認・助成を受けた、フランス語とフランス文化の教育を行う非営利団体。フランス全土に28校、世界138カ国に1085校が開設されている。
 フランス政府は、ザタシャ王女(44)のフランス語とフランス文化を広める上での多大の貢献を授与理由にあげている。
(4月19日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中