マレーシア、4位;パスポート番付

(マレーシア)ビザ無しで旅行のできる国の数をパスポートごとにランク付けしたパスポート・インデックス(Passport Index)=Global Passport Power Rank =の2017年版が、4月18日に発表された。
 トップの座に輝いたのはドイツとシンガポールのパスポートで、ビザ無しで旅行のできる国の数は各159国・地域。次いでスウェーデンの158国。3位はデンマークなど9カ国(別表参照)だ。
 マレーシアは156カ国で前回(今年1月発表)の5位(154国)から4位にランクをひとつあげた。ちなみに、4位には日本を含む8カ国が並んだ。

ASEANで2位

 アジア各国をみると、韓国(ビザなしで行ける国の数)152国、香港141国、台湾120国、中国56国、インド49国などとなっているほか、ASEANではシンガポール、マレーシア、ブルネイがトップ3。意外なのはかつてポルトガル領だった東ティモールで、パスポートはヨーロッパなどでビザが不必要なケースが多く上位に入っている。

パスポート・インデックス

 ビザ無しで旅行のできる国の数をパスポートごとにランク付けした「パスポート・インデックス」(www.passportindex.org/byRank.php)は、カナダの金融会社「Arton Capital(アートン・キャピタル)」が国際航空輸送機関(IATA)の公開データを基に製作したもの。国連加盟国の193国と6つの地域の合計199国・地域のパスポートについてまとめられている。
(4月19日スター、Arton Capital)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中