バスが渓谷に転落、31人死亡

(フィリピン)フィリピン北部のヌエバエシハ(Nueva Ecija)州で4月18日、バスが24メートル下の渓谷に転落し、31人が死亡した。46人が負傷し、うち4人は重体だ。
 警察当局によると、タイヤがパンクしており事故の原因は定員オーバーとみられる。バスには77人が乗車していたという。
 今年2月にも、旅行中の学生13人とバスドライバーが死亡する事故が山中で発生している。
(4月19日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中