虚偽申告への「罰金」、100%にアップ

(マレーシア)内国歳入庁(Inland Revenue Board 、IRB)またはLembaga Hasil Dalam Negri 、LHDN)のサビン・サミタCEOは4月12日、所得税申告書で申告内容の一部を隠ぺい、または偽装した場合に課せられるペナルティー(重加算税)について、2018年1月に税率を現行の45%から100%に引き上げると発表した。
 脱税額が100万リンギだった場合、所得税法下、100万リンギのペナルティーが科される。
 ペナルティー引き上げにともなう、1967年所得税法の改正は不要だ。同法下、IRBはペナルティーとして税率を300%まで引き上げる権限を付与されているからだ。
(4月12日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中