北朝鮮労働者117人に出頭命令

(マレーシア)サラワク州クチンを訪れた入国管理局のムスタファ・アリ局長は4月11日、就労ビザ有効期限切れの北朝鮮人労働者117人に対して、一週間以内に出頭するよう呼びかけた。局長はこれら117人を雇用している会社にも、117人に出頭させるよう命じた。国営ベルナマ通信が報じた。
 117人は全員サラワク州で炭鉱や建設業界で就労していることがわかっている。マレーシアと北朝鮮は今年2月に起きた金正男(キムジョンナム)氏殺害事件をめぐって鋭く対立、結果マレーシアは国内に滞在する北朝鮮人の出国を一時禁止した。117人は、北朝鮮政府が外貨稼ぎで海外に派遣している出稼ぎ労働者だ。
(4月12日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中