MRT SBK線第2期、7月に開通

(マレーシア)MRT1号線(スランゴール州スンガイブロー~カジャン線、MRT SBK線)の第2期(スマンタン~カジャン)が、7月に開通する。 4月10日、ラピッドレール社のイル・ゾハリ・スライマンCEOが語った。
 MRT1号線は、首都圏でMRT(大量高速交通システム)事業を推進するMRT社が開発・運営する。MRT1号線の第2期(フェイズ2)は、全長30キロメートル、19駅だ。
■Semantan
■ Muzium Negara
■ Pasar Seni
■Merdeka
■ Bukit Bintang
■ Tun Razak Exchange
■ Cochrane
■ Maluri
■Taman Pertama
■ Taman Midah
■ Taman Mutiara
■ Taman Connaught
■Taman Suntex
■Sri Raya
■ Bandar Tun Hussein Onn
■ Bukit Dukung
■Taman Koperasi Cuepacs
■ Sungai Kantan
■ Bandar Kajang
■Kajang

第1期は昨年開通

 MRTスンガイブロー/カジャン( Sungai Buloh-Kajang、MRT SBK) 線のフェイズ1(スンガイブロー/セマンタン間21キロ)は昨年12月16日に開通した。MRT SBK線は全長51キロ、全31駅。以下がフェイズ1の12駅。

■Sg Buloh
■Kampung Selamat
■Kwasa Damansara
■ Kwasa Sentral
■Kota Damansara
■Surian
■Mutiara Damansara
■Bandar Utama
■Taman Tun Dr Ismail
■Phileo Damansara
■Pusat Bandar Damansara
■Semantan

利用者40万人

 MRT社MRT SBK線の利用者数を、全面開通時で1日平均40万人と見込んでいる。
(4月10日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中