6被告、控訴審で減刑;CHC事件

(シンガポール)5000万シンガポールドルの巨額横領事件に関与し、2015年1月に下級裁判所で1年9カ月~8年の禁固刑を言い渡されたシティ・ハーベスト教会(CHC)の創設者であるコン・ヒー被告と経理担当幹部、牧師ら5人の控訴審が4月7日高裁で開かれ、減刑判決がくだった。
★コン・ヒー被告(51);8年⇒⇒3年半
★副主任牧師のタン・イェ・ペン被告(44);5年半⇒⇒3年2カ月
★元資金管理者のチュウ・エン・ハン被告(56);6年⇒⇒3年4カ月
★財政部主任のセリナ・ウィー・ジェック・イン被告(38);5年⇒⇒2年半
★経理シャロン・タン被告(41);21カ月⇒⇒7カ月
★元財政委員のラム・レン・ハング被告(49);3年⇒⇒1年半

事件の経緯

 コンら6被告は2007年から10年にかけて、信徒から集めた教会の資金2400万Sドル(約20億円)を、コンの妻でポップ歌手のスン・ホー被告の宣伝費などに流用した。スンはCHC の宣伝塔だ。各被告はこのほか、2600万Sドル(約22億4000万円)の流用でも有罪となった。
 CHC は、シンガポール国内最大のキリスト教会だ。コン・ヒーにより1989年に設立された。100人規模の小さな教会から一時、3万人を超える信者を擁するまでになった。事件後は信者が1万人台に大幅に減ったと言われる。
 
2015年に有罪判決

 2013年5月にスタートした審理がようやく終わり、2015年10月有罪判決が出た。そして、同年11月20日、コン・ヒー被告が懲役8年、他の5人も懲役1年9カ月から6年の実刑判決を受けた。6人は控訴、今回その判決が言い渡された。
(4月7日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中