盗難の散弾銃26丁、全て回収

(マレーシア)今年3月はじめにペラ州セラマ地区にある北部地域リラ(Rela)トレーニングセンターから盗まれた散弾銃26丁が、4月はじめまでに全て回収された。
 ハリド警察庁長官が4月6日に内務省職員の定例集会に出席したあと明らかにした。盗難は、警察庁の銃器ライセンス課による抜きうち検査で発覚した。
 事件後3月26日までに、警察は自警団リラ(Rela )の隊員14人(年齢は40~60歳)を窃盗のかどで逮捕し、散弾銃14丁と銃弾300発を押収した。
 残りのシ散弾銃12丁については、警察は、容疑者から購入した者はすみやかに購入した銃を携えて警察署に出頭するように呼びかけていた。それが実り、12丁も回収されたようだ。
 ハリド長官は、購入者の氏名や回収の時期・場所などに関してはコメントを控えた。新たな逮捕者は出ていない。
 盗まれた散弾銃だが、売値は1丁2000~3000リンギ(約5万円~7万5000円)だったという。
(4月6日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中