今年初のジカ熱感染者2人見つかる

(シンガポール)シンガポール国家環境庁(NEA) は3月29日、ホウガン地区サイモンプレイス(Simon Place)で、ジカ熱 (ジカウイスル感染症) 感染者が2人見つかったと発表した。2人は同じ家に住んでいるシンガポール人。28日に陽性判定が出た。今年に入ってからはこの2人が初のジカ熱感染者だ。
 シンガポールでは、2016年8月26日にジカ熱国内感染例が初めて確認された。その後1週間ほどで感染者数が200人を突破し、ジカ熱拡大が懸念されたが、その後沈静化した。昨年12月21日には、シンガポールで初めて妊婦の感染者が出ている。
(3月29日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中