北朝鮮で足止めの9人が帰国

(マレーシア)ナジブ首相は3月30日、2月にKLIA2で殺害された金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の遺体を北朝鮮政府に引き渡すと発表した。また、北朝鮮政府から出国禁止措置を受けていたマレーシア人9人が帰国の途についたと、声明で発表した。

31日朝に帰国

 3月30日午後7時45分にマレーシア大使館館員とその家族9人は平壌をマレーシア政府が派遣したビジネスジェットに搭乗して出発。31日午前5時3分にKLIAに到着し、アニファ外相らの出迎えを受けた。
 両国の交渉は難航していたが、最終的に合意に至っり、互いの国民の出国禁止措置を解除した。 

遺体は北朝鮮へ

 30日夜、正男氏の遺体が納められた棺とともに事件の重要参考人である北朝鮮大使館の二等書記官ヒョン・クァンソン氏らが、帰国のためマレーシアを出国した。マレーシア政府は遺体引き渡しの理由を、検視が終了したこと、家族の要望があったことをあげている。
 遺体の身元について、マレーシア政府は、金正男氏と確認していた。しかし、共同声明では双方ともに、その名前には言及せず、遺体を金正男氏と認めないとする北朝鮮側の主張に譲歩した形となっている。
(3月30日東方日報、NST、スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中