オランデ大統領、マレーシアを公式訪問

(マレーシア)フランスのオランデ大統領が3月27日・28日の2日間マレーシアを公式訪問した。
大統領は、国会ビル前での歓迎式典に出席した。ムハンマド5世国王、ナジブ首相、閣僚らが出迎えた。
首脳会談後の共同記者会見で、オランデ大統領は「マレーシアは次期戦闘機の選定中だ。我が国のラファール戦闘機をぜひ選んでほしい」と語った。
ナジブ首相も、「購入する可能性について探っている。ラファール戦闘機は購入した国で、素晴らしい実績を残しているようだ。有力機種のひとつだ」と語った。

プロトンとの提携にも言及

昨年来、マレーシアの自動車メーカー、プロトンが提携相手を模索している。この動きに「プジョー」や「シトロエン」を擁するフランスのPSAを含む少なくとも3社が関心を示しているとの報道があった。ナジブ首相は28日、オランデ大統領との会談後の共同記者会見で、「プロトンとPSAは真剣に交渉中だが、結論はまだ出ていない」と語った。
ムスタパ通産相によると、マレーシアに進出しているフランス系企業はおよそ270社。投資額は150億リンギに達しており、マレーシアで6万人を雇用している。オランデ大統領は、28日夜、次の訪問国インドネシアの首都ジャカルタに向かった。
(3月28日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中