H5N1感染地区、34カ所に増加

(マレーシア)ケランタン州で今月5日にはじめてH5N1型鳥インフルエンザウイルスに感染したニワトリが見つかった。その後、感染地区が拡大し、3月25日までに以下の34地区で感染が確認された。
■ Kota Baru (15 地区)
■ Pasir Mas (6)
■Tumpat (4)
■Tanah Merah (1)
■Bachok (5)
■Pasir Puteh (3)

 25日までに殺処分された鶏は3万8521羽、1万5872の鶏卵が廃棄された。

大流行中

 州当局27日発表によると、州外に鳥類133羽を運び出そうとした車両20台を検問で検挙した。「鳥インフルエンザが流行中のケランタン州から鳥類を州外への搬出は禁止されている。鳥インフル感染エリアの拡大につながる」(州当局者)。
 ケランタン州政府は15日に鳥インフルエンザウイルス「H5N1」の感染が同州内で急激に広がっている状態にあると宣言ずみ。終息までは相当時間がかかりそうだ。
(3月27日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中