残る人質3人も救出;3月27日

(マレーシア)フィリピン国軍は3月23日未明マレーシア人男性2人==ラヒム・スッマスさん(62)とタユディン・アンジュトさん(45)を救出したあと、続いて残る3マレーシア人を27日に救出した。
 東サバ安全司令部のワン・アブドル・カリド司令官が同日発表した。救出されたのは■ ズマディルラヒムさん(24)/サバ州出身、■ファンディ・バクランさん(27)/サバ州出身、■リジュアン・イスマイルさん(33)/マレー半島出身の3人だ。
 5人は、フィリピン南部諸島を拠点にしているイスラム過激派アブサヤフに昨年7月18日に拉致され、8カ月間にわたりスールー島のアブサヤフのアジトに監禁されていた。
 フィリピン国軍によると、ブサヤフの人質になっている外国人は(救出されたマレーシア人5人を含む)31人にのぼるという。
(3月27日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中