ジョホール州皇太子が当選;[FAM会長選挙]

(マレーシア)マレーシアサッカー協会 (Football Association of Malaysia、FAM) の会長選挙が3月25日に実施され、ジョホール州のイスマイル・スルタン・イブラヒム皇太子が無投票当選を果たした。
 同日、セランゴール州ペタリンジャヤ地区にあるホテルで午前10時15分から第53回総会が開かれ、ハミディン事務局長が皇太子の無投票当選を発表した。
 これは、出馬するはずだったアヌアル・ムサUMNO情宣局長が、22日になって立候補を断念すると発表したため。

これまでの経緯

 当初、ジョホール州のイスマイル・スルタン・イブラヒム皇太子、アヌアル・ムサUMNO情宣局長、カイリー青年スポーツ相とプトラジャヤ・コポレーションのアセ・チェ・マット前会長の4氏が出馬の意向を示していた。
 しかし、2月13日、カイリー氏とアセ氏が出馬を辞退したため、皇太子とアヌアル氏の一騎打ちが決まった。
 イスマイル皇太子は州サッカーチームのジョホール・ダルル・タクジムFC( Johor Darul Ta’zim Football Club))のオーナー、アヌアル氏は前ケランタン州サッカー協会 (Kafa) 会長である。
(3月25日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中