エスカレーター逆走、18人けが

(香港)3月25日午後4時ごろ、香港の繁華街、モンコック(旺角)にある商業施設「ランガムプレイス(Langham Place」の4階と8階を結ぶ上りのエスカレーターが突然、逆走した。
 この事故で、エスカレーターに乗っていた18人が折り重なるように倒れてけがをした。病院に運ばれた男性4人と女子14人のうち、1人は重傷という。当時「ランガムプレイスは、週末で多くの買い物客でにぎわっていた。
 地元当局は事故の原因とともに、安全管理上、問題がなかったか詳しく調べている。

「ランガムプレイス」とは

 事故の起きた「ランガムプレイス」は、ショッピングモール、オフィス、ホテル、映画館などで構成されている15階建ての建物の中に、100前後のテナントが入居している。
 このモール施設は、日本では六本木ヒルズ(東京都港区)やなんばパークス(大阪府大阪市浪速区)、キャナルシティ博多(福岡県福岡市博多区)などのショッピングモール部を手掛けたアメリカ人建築家のジョン・ジャーディが設計を担当し、日本にある各施設と類似点も多い 2004年に110億香港ドルを投じた改装工事が完了した。
(3月25日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中