KDUと契約;カドカワアカデミー

(マレーシア)カドカワアカデミー(KADOKAWA Contents Academy 、KCA)<本社:東京都>は3月15日、マレーシアの私立大学、KDU Uユニバーシティ・カレッジ(KDU)と、新コースの共同開発に関して調印式を9日に開催したと発表した。
 KDUは1983年の設立。マレーシアの私立高等教育機関の中では最も歴史のある学校の一つとして知られ、クアラルンプールに2キャンパス、ペナンに1キャンパスを持つ総合大学である。

シークエンシャル・アーティストを育成

 近年では、同大学のゲーム開発学部がマレーシアでトップレベルの技術力を誇るなど、コンテンツ分野の学部に力を入れていることからKCAとの新コースの共同開発へと発展。KCAが直営校を置く台湾・タイでのノウハウを活かし、プロのシークエンシャル・アーティスト(Sequential Artist)を育成するカリキュラム『Sequential Art Course』をKDU向けに設計、作成することになった。

日本の「マンガ」とほぼ同義

 シークエンシャル・アーティストは、英語圏で連続するイラストや文字を用いた表現方法を指し、日本の「マンガ」とほぼ同義だが、より学術的な意味合いで使われている。
 「シークエンシャル・アート・コース」は、2018年上旬を目処にコンピューティング&クリエイティブ・メディア(Computing & Creative Media)学部内での開講を予定している。
 2年間、約1000時間に及ぶ授業を通して、マンガの描き方だけではなく、基礎となるデッサンや遠近法、透視図、ストーリーの構築方法、魅力あるキャラクター作りのポイントなど、マンガ制作で必要となるノウハウの全般を学ぶことが出来る(カドカワアカデミー)。
(3月15日KADOKAWA Contents Academy)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中