草間彌生氏の個展;6月9日からシンガポールで

(シンガポール)彫刻家・画家、草間彌生氏(87)の作品を紹介する展覧会「YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow」が、今年6月にシンガポール国立美術館で開催される。東南アジアでの草間氏作品の展覧会開催はこれは初めて。
 草間彌生氏は世界で最も影響力のあるアーティストのうちの一人であり、20世紀から21世紀のアートの動向において極めて重要な役割を担ってきた。
  「YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow」では、50年代から現在に至るまでの絵画、彫刻、ヴィデオ、インスタレーションなどの未発表作品を含む作品群120点を展示する。
ーーーーーーーー
< YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow>
会期 : 2017年6月9日 – 9月3日
日~木・祝 10:00-19:00
金・土・祝前 10:00-22:00
会場 : Singtel Special Exhibition Gallery, City Hall Wing, Level 3, National Gallery Singapore
ーーーーーーーーー

草間 彌生氏

 長野県松本市生まれ。京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)卒。幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1957年(昭和32年)に渡米すると絵画や立体作品の制作だけではなくハプニングと称される過激なパフォーマンスを実行し、1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。
 第50回芸術選奨文部大臣賞(2000年 )、 フランス芸術文化勲章オフィシエ(2003年 )、高松宮殿下記念世界文化賞(2006年 )、文化功労者(2009年 )、文化勲章(2016年 )等数々の賞を受賞している。
(3月9日チャンネルニュースアジアほか)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中