T4に3種類の生体認証を導入

(シンガポール)年内に開業するチャンギ空港第4ターミナル(T4)で、3種類のバイオメトリック(生体)認証による検査システムが導入される。
 テロリストなど危険分子の入国を水際で防止するの目的だ。アブドラ警察長官上級補佐が3月12日に明らかにした。
 現在、チャンギ空港では、親指の指紋認証で身元をチェックしている。T4も開業時はまず同検査を実施し、段階的に虹彩認証、顔面認証を導入していく方針だ。
(3月12日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中