金正男氏の身元確認DNAサンプルは「子供から採取 

(マレーシア)北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、身元確認に使用されたDNAサンプルが誰のものかに注目が集まっていた。ザヒド副首相は3月15日はこの問題について、正男氏の子供から採取したDNAサンプル」だと語った。
 ただ、副首相は、子供の氏名や所在などについては、「安全上の理由」から明かさなかった。
 マレーシア警察は10日に、「保安上の理由」から確認方法は明かせないとしながら、遺体を正男氏と最終確認したと発表ずみだ。 

2対9で交換の可能性

 また、ザヒド副首相はマレーシアと北朝鮮の双方が、自国にいる相手国国民の出国を禁止した措置の解除などを話し合う公式協議開催について現在、調整が進めていることを認めた。
 副首相は、北朝鮮にいるマレーシア大使館員・家族9人と在マレーシア北朝鮮大使館にかくまわれているという二等書記官と高麗航空職員の2容疑者の交換の可能性を否定しなかった。
(3月15日東方日報、スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中