ボルネオゾウの標本作りを指導

(マレーシア)足寄動物化石博物館の澤村寛館長(68)が、マレーシアでボルネオゾウの骨格組み立て標本作りを指導したとして、3月9日付Dailyexpre電子版に写真入りで大きく報道された。
 澤村館長は国際協力機構(JICA)の依頼を受け、2016年6月から今月9日まで計3回(延べ27日間)、サバ大学(UMS) 熱帯生物多様性保全研究所を訪問。当地の動物園で11年に死亡し 「ロックカウイ動物園」(Lok Kawi Zoo)に埋設されていたボルネオゾウの骨格組み立て標本作りを指導、製作した。

8日に標本の完成セレモニー

 ボルネオゾウ初の骨格組み立てに、同紙は「バラバラになった骨をまとめ、ゾウが生きていた時の正確な大きさと姿勢を明らかにしたのは、日本の著名な古生物学者、澤村寛博士である」とその功績を紹介。8日に開催された組み立て標本の完成セレモニーと記念講演の様子も伝えた。
 9日夜に帰国した澤村館長は「新聞報道の大きさに驚いている。ボルネオゾウは背骨が中央で高く曲がっていることや、ほぼ地面に届くほどの長い尾が特徴で、私自身も勉強になった」と話している(十勝毎日新聞3月12日付電子版/3月9日付Dailyexpress)。
(3月9日Dailyexpress、十勝毎日新聞)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中