リー選手4度目の優勝;全英選手権

(マレーシア)マレーシアの「国宝」、バドミントンのリー・チョンウェイ選手が3月12日まで開催された「ヨネックス全英選手権2017」(イギリス、バーミンガム)の男子シングルスで4回目の優勝を果たした。前3回の優勝は2011年、2012年、2014年だ。
 リー・チョンウェイ選手は、準決勝を除く4試合でストレート勝ちの圧倒的な強さを見せ、決勝も中国の石宇奇(シ・ユチ)選手相手に21-12、21-10とほとんどリードを許さずストレートで快勝した。

混合ダブルスは敗れる

 一方、マレーシアの混合ダブルスとしての初優勝がかかった決勝で、
チャン・ペンソーン/ゴー・リュイン組は21-19、19-21、16-21の1-2で惜しくも破れ、優勝を逃した。
(3月13日スター、ヨネックス)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中