商船三井、ジョホールバルに保税倉庫を開業

(マレーシア)商船三井ロジスティクス(本社;東京都千代田区)は3月3日、
マレーシア現地法人が昨年9月、ジョホールバル東部パシルグダン地区に於いて自社作業による保税倉庫を開業したと発表した。
 同倉庫(名称 ;MOL Logistics (Malaysia) Sdn. Bhd., Pasir Gudang Logistics Center )は、ジョホール港近郊に位置し、9720平方メートルの最新鋭高床式倉庫の内、4000平方メートルを使用、WMS(倉庫在庫管理システム)導入の下、バーコードによる保管・入庫・出庫作業をはじめ、梱包作業、自由貿易協定用書類や原産地書類取得代行、顧客システムへの入力等、幅広いロジスティクス業務を一括して17名にて請け負っている。
 同社は過去2年間で東南アジアに於いて、マニラ、ジャカルタにて自社作業倉庫を開設、今回のマレーシアは3か所目となる。
(3月3日商船三井)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中