遺体を「金正男氏と断定」;警察長官

(マレーシア)2月13日にKLIA2で殺害された北朝鮮籍の男性について、ハリド警察長官は3月10日、遺体は金正男氏と確認されたと発表した。また、遺体の引き取り手が現れないので、厚生省に遺体を移すと説明した。
 正男氏は「キム・チョル」名義のパスポートを所持しており、警察は身元確認には家族からサンプルを得てのDNA鑑定が必要としていた。
 ハリド長官は、身元確認で求められる要件をすべて満たしたと説明した。しかし、親族がDNAサンプルを提供したかも含め、確認方法などの詳細については「証人の安全」を理由に明らかにしなかった。  
(3月10日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中