明電舎、架線検測装置をKTMに納入

(マレーシア/経済) 明電舎が架線を走行しながら検査ができる架線検測装置カテナリーアイをマレーシア国内では初めて、マレーシア国有鉄道(KTM)に納入した。2月28日にクアラルンプールステーションで納入の記念式典がアジズ・カプラウィ副運輸相らを迎えて開催された。

さらに6セット納入

 カテナリーアイを保守点検車両に搭載し線区の架線を保守点検する場合、毎時約60キロメートルの架線を検測できる。従来の作業効率は毎時2キロメートル程度だった。今回は無償供与だがKTM側は既にカテナリーアイを高く評価し、さらに6セットの購入を決定済み。マレー半島に於けるマレー鉄道の保守と運行への大きな寄与が期待されている。

ICPの一環で納入

 明電舎は2012年、クランバレーをカバーする大量高速輸送システムKVMRTにおいてシステムコントラクターとして電力供給業務の受注に成功。今回の納入は受注に伴う産業技術協同プログラム(ICP)の一環だ。
 ICPはマレーシアに於ける大型プロジェクトに付随するプログラムだ。契約金額に応じて、受注業者が保有するハイレベルのシステムやサービスなどをマレーシアに還元する。財務省主体で、プログラムは技術預託局(TDA)が実施している。
(3月3日 南国新聞)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中