マレーシア人国連職員2人が出国

(マレーシア) 北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏殺害事件をめぐり、北朝鮮が出国禁止としていたマレーシア人11人のうち国連世界食糧計画(WFP)の職員2人が3月9日、出国を認められて北京に到着した。
 残る9人(大使館館員3人と家族6人)は現在も北朝鮮にとどまっている。マレーシア政府により、9人の無事は確認されている。
(3月9日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中