ドゥテルテ大統領による外相任命を否決

(フィリピン)フィリピンの大統領が任命した閣僚を審査する任命委員会は3月8日、ドゥテルテ大統領によるパーフェクト・ヤサイ氏の外相への任命を全会一致で否決した。
 同氏は1980年代に米国市民権を取得していた。しかし、取得していないと虚偽の説明をしたことが問題視された。ヤサイ氏は昨年6月30日に外相に就任した。
 これを受け、ドゥテルテ大統領は9日、外相代行にマナロ外務次官を任命した。次期外相は未定。今後、新たな外相を改めて選任する。
(3月8、9、10日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中