「捜査に協力する」ラーマン首相府相

(マレーシア)「汚職防止委員会 (MACC) から呼ばれれば、喜んで捜査に協力する」。ラーマン・ダラン首相府相(前都市福祉・住宅・地方自治体相)は3月7日このように語った。
 野党・民主行動党(DAP)青年部の2リーダーが、2015年11月にラーマン・ダラン都市福祉・住宅・地方自治体相(当時)がコンドミニアムの1年の工期延長(EOT)を許可した件で開発業者との癒着疑惑ありとして、MACCに捜査を求めて告発した。
 同相はこれを受けて、「政治的動機にもとづく告発と思うが、私は職権濫用などしていない。捜査に協力する」と語った。
(3月7日スターほか)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中