「ミス・マレーシア・ワールド2016」のタイトル剥奪

(マレーシア)「ミス・マレーシア・ワールド2016」コンテストで優勝したティアナ・クマルさん(19)が、行動準則と契約に違反したとして、主催者から3月6日付でタイトルを剥奪された。代わりに準優勝のシュウエタ・セコンさん(20)が新たに「ミス・マレーシア・ワールド2016」に選ばれた。
 フランス人の母とマレーシア人の父から生まれたティアナ・クマルさんは昨年8月開催の「ミス・マレーシア・ワールド2016」コンテストで優勝し、12月18日に米国で開催された世界大会「ミス・ワールド2016」にマレーシア代表として出場した。具体的な違反内容は未発表だ。
(3月7日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中