VX使用、証拠提示は司法手続き終了後に

(マレーシア)ザヒド副首相兼内相は2月28日、北朝鮮の金正男氏殺害事件で、国連など国際機関への猛毒の神経剤VX使用の証拠提示について、「証拠提示に問題はない。ただし、あくまでもマレーシアが捜査を終え、司法手続をすませたあとに(情報を共有)したい」と語った。
 VXについては、英国が国連安保理などに証拠を示すようマレーシアに求めている。
(2月28日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中