金正男氏の遺体から猛毒VX検出

(マレーシア)ハリド・アブバカル警察庁長官は2月24日の記者会見で、金正男氏の遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと発表した。
 長官は、「VXがどのようにしてマレーシアに持ち込まれたのか不明だ。逮捕した実行犯の女2人の中のひとりが犯行後に嘔吐したことがわかっている」と語った。
 実行犯とされる女2人は素手で正男氏の顔にVXを塗りつけた後、すぐにトイレで手を洗浄したことがわかっている。嘔吐はVXに接触した影響とみられる。
 VXはオウム真理教による日本での殺人、殺人未遂事件で使われたことで知られている。

KLIA2で捜索

 ハリド長官はこのほかは24日、金正男氏がKLIA2でVXを使って殺害されたことを受け、VXガスが残留していないかどうか、KLIA2をくまなく捜索すると発表した。
(2月24日スター、東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中