昨年の被解雇者は4万人;9月末時点

(マレーシア)「人的資源省が2016年の3.1%から、2017年は3.3%に失業率が上昇すると予想している。2015年と2016年の被解雇者数を下回ることはなさそうだ」。
マレーシア雇用主連盟(MEF)のシャムスディンMEF専務理事は2月22日記者会見を開き、このような見通しを明らかにした。
 同専務理事によると、2015年の被解雇者は4万4000人で、うち1万8000人は銀行セクターの従業員だった。オンライン取引の増大にともない、解雇される者が増えたという。
 昨年解雇された者は4万人(2016年9月末時点)、2016年通年の被解雇者数は未発表だが、2015年並み水準に達したとみられる。
(2月22日サン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中