マレーシア、北朝鮮大使に強く抗議

(マレーシア)マレーシア外務省は2月20日、クアラルンプールで起きた金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件の捜査手法を北朝鮮側が非難したことをめぐり、康哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使を省に召喚し、強い言葉で抗議した。
 大使は今月17日、金正男氏の遺体が安置されている病院前で記者団に対して、直ちに遺体を引き渡すようマレーシア政府に求めたうえで、求めに応じないマレーシア政府の対応について「何かを隠そうとしている、外部勢力と結託している」などとと強く非難した。
 また、20日には、事件の捜査が政治的な目的で行われていると主張し、マレーシア警察の捜査結果は信用できないと語った。

マレーシア外相がきびしく非難

 アニファ外相は20日、「康哲(カン・チョル)駐マレーシア北朝鮮大使の一連の発言はマレーシアを侮辱するものだ」と厳しく非難した。
 マレーシア外務省は同日、北朝鮮駐在のマレーシア大使を帰国させたと発表した。この事件を契機に、長年友好関係にあった両国の対立が激しくなっている。マレーシアは北朝鮮の数少ない友好国とされている。
(2月20日スター、東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中