マレーシア、信頼度調査で信頼度ダウン

(マレーシア)第17回信頼度調査「2017 エーデルマン・トラストバロメーター」(2017 Edelman Trust Barometer) の調査結果がこのほど発表された。
それによると、マレーシアの場合、自国に対する信頼度(自国の企業、政府、メディア、NGOに対する信頼度の平均値)において、自国への信頼度が2016年の51%から、今年度は48%に下がった。
信頼度バロメーターの見方は、60~100%が「信頼出来る」、50~59%「普通」、1~49%「信頼できない」である。
信頼度が高かったのは、インド(72%)、インドネシア(69%)、中国(67%)、シンガポール(68%)など。
マレーシアでは、4大領域における信頼度は以下の通り。すべて前年よりも下がった。ちなみに企業56%(2ポイント減)、政府37%(2ポイント減)、メディア42(3ポイント減)、NGO/NPO 58%(3ポイント減)。

エーデルマン・トラストバロメーター

「2017 エーデルマン・トラストバロメーター」は、今年で17年目となるグローバルな信頼度調査。調査会社Edelman Intelligence(www.edelman.com)が、2016年10月13日から11月16日にかけて、一人当たり25分のオンラインインタビューを28カ国で実施した。調査対象は18歳以上の3万3000人だ。
(2月15日東方日報、www.edelman.com)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中