KLATCC、2月14日に起工式

(マレーシア)「KL空域再編という意味合いで新クアラルンプール航空交通管制センター(Kuala Lumpur Air Traffic Control Complex 、KLATCC) は非常に重要だ」。2月14日のKLATCC起工式でナジブ首相はこのように述べた。
~我が国の航空産業の発展には、民間航空インフラと航空交通管制システムおよびファシリティーのアップデートと改善が不可欠である。KLATCCが完成すれば、KL空域(KL飛行情報区=KL FIR)再編の起点となろう。
 KLATCCの稼働で、KLIAの滑走路を使用する航空機の発着数を現在の1時間あたり78機から108機に増やすことが可能となる~。
 KLATCCは2019年に完成予定だ。起工式にはリョウ・チョンライ運輸相、アブドル・アジズ副運輸相も出席した。
(2月14日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中