昨年は留学生674人を検挙;入管

(マレーシア)2016年1年間に入管が検挙した学生ビザ所持の外国人留学生は、合わせて674人だった。
 うち325人に召喚状を発行し、162人を起訴、29人を本国送還とした。このほか、捜査対象になっている者は34人、124人は釈放された。入管法違反の325人中、185人が不法残留、140人はビザ規定違反だ。起訴された学生162人の大半は罰金か禁固刑を科された。

国籍別ではバングラデシュ人が最多

 検挙された674人を国籍でみると、バングラデシュ人が最多の413人。以下、中国人(51人)、ナイジェリア人(51人)、エジプト人(29人)などとなっている。
(2月8日東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中