豚毛ブラシ取り締り、中止に

(マレーシア)国内取引・協同組合・消費者事務省取締官が最近、豚毛の(絵筆及び塗装用)ブラシを差し押さえ、販売業者を検挙して罰金を科した。この動きに対して、ナジブ首相が2月9日「同意できない」と発言、即刻そのような取り締りを中止するよう命じた。
 首相は、「多民族国家のマレーシアにはそぐわない行為で、すぐやめるべきだ。代わりに、商品がハラルかノンハラルかわかるよう、取扱業者に表示させればいい」と語った。
 同日、これを受けて、ハムザ・ザイヌディン国内取引・協同組合・消費者事務相は、豚毛ブラシの差し押さえと業者検挙を中止するよう取締官に命じた。
 「ハラル、ノンハラルのラベル貼付は食品が対象だ。これを豚毛ブラシや豚革製の靴などに広げるのは無理がある。どんな材料、どんな動物の毛や皮革を使用した商品なのかを記したA4サイズの説明書きを陳列棚などに表示すれば十分だ」(同相)。 
 同省は、すでに没収した豚毛ブラシについては、どう対処するか関係者と協議し決めるという。
(2月9日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中