強姦罪で24年間服役の男が帰国

(マレーシア)カナダで強姦容疑で逮捕され24年間刑務所で服役したマレーシア人が、2月7日帰国した。
 再犯を心配する声が出ている中、セルバ・クマル元服役囚(56)は同日KLIA到着後に警察へ出頭し、事情聴取に応じたという。
 カリド警察庁長官は8日の記者会見で、「セルバは首都圏で生活したいと言っている。問題はおこさない。警察が私の行動を監視するのは一向にかまわないとも話した」と語った。
 セルバは1980年後半から1990年はじめにかけて、留学先のトロントでモデル・エージェントや映画プロデューサー、プロのダンサーと偽り、誘いにのった十数人の女性を強姦した容疑で逮捕された。
 サバとサラワク両州は8日までに、セルバの入境を禁止すると発表した。セルバの入境禁止理由について、両州入管は州政府当局の指示とだけ説明している。
(2月8日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中