カトリック司祭の7%が児童を虐待

(オーストラリア)<豪州国内のカトリック教会の司祭のおよそ7%が、1950年~2015年の65年間に子どもへの虐待に関与した疑いがある>。
 オーストラリア王立委員会は2月6日、子どもに対する性的虐待の問題をめぐる公聴会を開き、このようなショッキングな事実を明らかにした。
 委員会が50回にわたり実施した聞き取り調査によると、1980年1月から2015年2月までの間に4444人が性的虐待を受けた。被害者の平均年齢は女子で10.5歳、男子で11.6歳と判明した。
(2月6日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中