船頭に禁固6カ月;サバ州の転覆事故

(マレーシア)サバ州コタキナバルの北西約60キロに浮かぶムンガル島付近で1月28日に転覆した双胴船(カタマラン)の船長シャレッザ・サイリン(26)に2月5日、コラキナバル地裁は禁固6カ月を言い渡した。
 この船の乗客定員は16人。そこへ12人も多い28人を乗せていた。この事故で、中国人観光客28人中20人は救助されたが3人が死亡、同5人と乗員ひとりが行方不明となっている。船長と乗員ひとりは救助されている。
 警察は、嵐の中での転覆・沈没の原因は定員オーバーとみて船主リョン・ビンリー(43)と救助されたシャレッザと乗員ひとりの3人を逮捕した。
(2月5日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中